クルマを査定に出す前に!ヘッドライトも確認しよう!

 

そろそろ車を買い替えたいな?

 

 

そう考えた時、ふと愛車を正面から見てみると、ヘッドライトがずいぶんと”くすんでいる”....

 

 

そう思った事はございませんか?

 

 

査定に響く!?ヘッドライトの黄ばみと原因

 

車,買取,査定,足立区,高価,高額,ランキング

 

昔のヘッドライトはガラス製の素材だったため、紫外線などの影響を受けずに、年数が経過してもクリアな状態を保てました。

 

 

 

 

しかし、近代の車のヘッドライト素材は、ポリカーボネートとと言われる樹脂素材となっているため、紫外線の影響をダイレクトに受けやすく、劣化し、黄ばみやくすみといった状態になりやすいのです。

 

 

もちろん、ポリカーボネートのメリットもたくさんあります。

 

 

ポリカーボネートは、成形の自由度が高く、様々な形へ変化させやすいため、デザインの上ではとても使いやすい素材となります。

 

 

新車時にはしっかりと耐紫外線コーティングが施されておりますが、走行中につく細かなキズでコーティングは剥がれやすく、紫外線の力も手伝ってくすんでいってしまいます。

 

 

くすんだヘッドライトをキレイにして査定アップ!

 

車,買取,査定,足立区,高価,高額,ランキング

 

紫外線の影響や、細かなキズでくすんでしまったヘッドライトは汚れと違うため洗車などでの水洗いで落ちることはありません。

 

 

そのため、一度剥がれてしまったコーティングを元通りにしてあげるのがベスト。

 

 

先ずは、ヘッドライトの表面を磨きをかけてからコーティングをするようにすれば、もとのクリアの状態に戻り、ピカピカの状態で査定に出すことができます。

 

 

ヘッドライトの磨き用具は、カー用品を取り扱う専門のホームセンターや、大手カー用品スーパーにて取扱いがございますので、こちらで購入してみるといいでしょう。

 

 

>>キレイになったらさっそく査定をしてみよう!!<<