車の売却とリサイクル料について

 

自動車を購入する際は、新車、中古車問わず諸経費の中に『リサイクル料』と言われる料金が含まれます。

 

車,買取,査定,足立区,高価,高額,ランキング

 

これは、そのクルマを廃棄処分する際の料金として徴収しているものとなっており、他の諸経費である自動車税などといった税金とは別の種類として取り扱われています。

 

 

自動車を購入する際に発生するリサイクル料というものは、自動車を購入した際に支払い、その自動車を手放す際には払い戻しを受けるシステムとなっています。

 

 

しかし、その自動車を廃棄処分とする場合は、払い戻しを受けることは出来ません。

 

 

そのシステムに照らすと、自動車を車買取業者に買い取ってもらう際には、その自動車を購入した際に支払ったリサイクル料が払い戻されることとなります。

 

 

そして、買取業者や自動車ディーラーは、その自動車が売却されれば、その購入者から新たにリサイクル料を支払ってもらうこととなります。

 

 

自動車が廃棄処分されない限り、購入者が変わる度にリサイクル料は支払われ、そして払い戻しがされるのです。

 

ここがポイント!
車のリサイクル料を支払うと、リサイクル券が発行されます。

 

自動車を保有している間はそのリサイクル券を無くさないよう
大切に保管してください。

 

そのリサイクル券がリサイクル料金を支払った証明となります。

 

そして、車買取で自動車を売却し、次のオーナーに自動車が渡った際は、そのリサイクル券が新たなオーナーに渡されることになります。

 

 

リサイクル券を継承していくことで、その自動車を廃棄処分する費用を捻出するという形となるわけです。

 

 

車を売却するの際は、リサイクル券を買取業者や自動車ディーラーに渡すことを忘れないようにする必要があります。

 

 

 

車の売却で人気の売却サイトランキングを知りたい方はこちら
↓↓
車査定と売却ではナンバー1!人気サイトはこちら